クレジットカードの現金化は違法なのか

クレジットカードとは

クレジットカードは、現代社会の決済手段としてなくてはならない決済方法の一つであり、クレジットカードを利用して商業施設や商業店舗、またはサービスを提供する施設、そして光熱費やガス代、水道料金などの公共料金や、病院やクリニックなどの医療施設や医療機関で支払いを行われる方も少なくありません。

クレジットカードは今から150年ほど前にアメリカで誕生した決済方法であり、現在はアメリカのみならず日本など世界中で決済手段の一つとしてクレジットカードによる決済が行われています。

クレジットカードは、英語で表記するとcredit cardと表記される通り、文字通り信用する、信用されるカード、という意味がcredit cardという言葉にはあり、身分証明をする為のカードとしての性質も持ち合わせている事から、アメリカなどの諸外国を始めとして、現在は日本国内においてもクレジットカードを身分証明書として使用する機関や各種の施設が増えてきています。

分割払いと一括払いを選択出来るクレジットカード

クレジットカードはカード一枚で即座に商業施設や商業店舗、各種のサービス施設や、公共施設や公共料金の利用料を支払う事が出来る便利なカードですが、クレジットカードが便利な点はカード一枚で即座に支払いを行う事が出来るという手軽さと同時に、購入した商品やサービスを複数回に分けて分割で支払う事が出来る機能を有している点もクレジットカードの利便性の一つでもあります。

現在はリボ払いなどの少額の返済額でクレジットカードの分割払いを利用出来るサービスを、クレジットカード会社各社が採用しており、毎月少しずつの返済金額でクレジットカードを使う事が出来るリボ払いの利用者が増加しています。

また、クレジットカードはもちろん購入した商品やサービスの支払いを一回で完了させる一括払いにも対応しており、現在のクレジットカードでは分割払いのリボ払い専用のクレジットカードの他にも、一括払い専用のチャージカードと呼ばれるクレジッカードもあります。

ショッピング枠とキャッシング枠の違い

クレジットカードには一般的に基本的な機能として、お買い物で利用出来るショッピング枠と、現金をATMから引き出して借り入れをする事が出来るキャッシング枠の2種類の借り入れタイプがあります。

ショッピング枠とキャッシング枠の違いは、ショッピング枠はお買い物などの決済の際にしか利用出来ないのに対し、キャッシング枠は現金をATMから引き出して借り入れをする事が出来る点が、クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の違いとなります。

クレジットカードの現金化について

クレジットカードにおいては、近年、クレジットカードのショッピング枠を利用して家電製品や各種の乗車券、そして換金可能な金券類などを購入して転売し、ショッピング枠を現金化する行為が横行しています。

しかし、クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化行為は、ほとんどのクレジットカード会社では奨励していないかもしくは現金化自体を禁止している行為でもあります。

クレジットカードの現金化は違法ではないものの、不当に高い手数料を取られる事も

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化の行為は、クレジットカード会社は禁止している会社が多いものの、法律的に現金化の行為を罰する法律がなく、厳密には違法行為には該当しません。

しかし、クレジットカードの現金化の専門業者がクレジットカードの現金化の方法を紹介したり、またはクレジットカード会社が家電製品をカード利用者に購入させるなどの手法で高い手数料を取る行為は日常的に行われており、これらのクレジットカードの現金化業者は、不当に高い手数料をクレジットカード利用者から取り続けている、という現状があります。

お金に困っている時には藁にもすがりたくなる気持ちは理解出来るのですが、困っている人につけこんでクレジットカードのショッピング枠を使った現金化の方法を紹介し、実際にクレジットカードのショッピング枠を実践させる事で不当な利益を得ているクレジットカード現金化の業者に対し、さらに必要以上に手数料を支払う事は、お金に困っているクレジットカード所有者の経済状況をさらに悪化させる事にもつながりかねません。

お金が無くて苦しい時でも、クレジットカードのショッピング枠を現金化する事だけはやめておきましょう。

参考リンク:http://kin-un.xyz/cardgenkinka

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です