消費者金融について

消費者金融とは個人を相手とした貸金業者です。

以前は年利29.2%という出資法上限金利によってお金を貸していましたが、現在は利息制限法によってグレーゾーンの部分が廃止になることで金利も安くなっています。
年利は10万円未満は20%、100万円未満は18%を、100万円以上は15%を上限とした金利となっています。

消費者金融の利点は審査も早く、最短で30分以内で行われる事もあるので、お金を早く手に入れたい時に利用すると便利な事です。
本人確認も運転免許証や健康保険証、パスポートなどで出来、インターネットで申し込みも出来るので簡単にする事が可能です。
そしてお金を借りる時というのは収入証明書などが必要な事がありますが、消費者金融によっては一定額以下や一定条件下であれば必要ない事もあるので、役所に行く手間も省く事ができます。
アルバイトやパートなどで定期的な収入があれば借りる事が出来るので、主婦や学生といった人でも借りる事が出来る利点があります。
そして多くの出費が嵩んでしまった時には、返済回数を増やす事で自分のペースで返済を行っていく事もできます。
返済の方も金融機関から口座振替などによって出来るので、面倒な手続きをしたり、特定の場所まで行ってお金を返す事がない為に返し忘れるという心配がありません。
保証人や担保といったものも必要ない為に、誰かに頼む事苦労もなく、借金の存在を誰かに知られる心配もないので楽にお金を借りる事が出来るのです。

消費者金融は他の金融機関にはないような、早さと借りる人の出来る範囲を広げています。

クレジットカードのキャッシングと消費者金融との違い

クレジットカードに付帯しているキャッシング機能と消費者金融会社でキャッシングするのとは何が違うのでしょうか。
「お金を借りる」という行為そのものは同じですが、実際は少しの違いがあります。

クレジットカードのキャッシングは本人確認書類などの必要書類提出があることは消費者金融と同じですが、カードが手元に届くまでに数日から数週間かかる可能性があるのがクレジットカードです。対して消費者金融はキャッシングのみに特化した専門業者だけあり、審査からカード発行までが非常に早いことで有名です。
最短で30分ほどでカード発行ができる消費者金融とクレジット会社を比べたときには、圧倒的に消費者金融側に軍配が上がるでしょう。

また、返済に関して大きな違いがあるのも特徴です。消費者金融へキャッシングしたお金を返済するときには、様々な返済方法が選べます。一例ですとコンビニのATMから返済したり、振り込みで返済したり、引き落としを選択したりと、その時々の状況に合わせて返済方法を選べます。
反対にクレジットカードはコンビニATMから返済できる業者も多いですが、基本的には口座から引き落としのみの対応を取っているところが多いです。

こう見ると、クレジットカードでキャッシングするより消費者金融でキャッシングしたほうが良いですが、消費者金融は世間的にイメージが若干悪いですし、ショッピングもできないので、もしあなたが世間体を考えるならばクレジットカードを作ったほうが良いかもしれません。

大手の消費者金融が便利な点

お金を借りたいと思っている人は、可能であれば中小の消費者金融より、大手の消費者金融で借りたいと思っている傾向があります。
これはCMなどで目にする機会が多く、知名度が高く、何となく安心感が持てるという理由が大きいですが、そういった安心感以外にも、大手で借りるのが便利だという点がいくつもあります。

まずは提携ATMがあるために、引き出しや返済に便利だと言う点があります。
消費者金融を利用するとなると、お金を引き出したり返済をすることが、度々あります。
ATMでこれらの行為をしている人が多いですが、大手消費者金融では、銀行やコンビニに提携ATMがあり、好きな時に利用できます。

中小の場合には、返済は銀行振り込みに限られてしまうので、借りたお金を返済する際には、わざわざ銀行まで足を運ばなくてはならずに、不便になってきます。

また返済方法も様々なものが選べ、分割払いや銀行引き落とし、ネットバンク、窓口での返済など、自分のライフスタイルや都合に合わせた方法で返済できるので、とても便利です。

さらに借り入れを申し込んでからの、審査や対応がスムーズで、早ければその日のうちにお金が手元に得られます。
申し込んだのは良いけれど、なかなかお金が手元にこないという状況では困りますが、大手ではそういった心配はありません。

大手の消費者金融は大手銀行グループの一員となっているところも多く、安心してお金を借りることができます。
安心感に合わせて、便利な点もたくさんあり、お金を借りたいと思った際には、まず優先して検討するのが賢明です。

クレジットカードの現金化詐欺に注意

消費者金融であちこち借りてしまって新たに借り入れをすることができなくなってしまった場合はどうすればいいか?一番いいのは身内などに借りるのがベストですがなかなかそううまくは行かない時もあります。

そんな時は弁護士などに相談して債務整理などを行なうのも1つの手だと思います。

また一時的にお金が足りないだけで、今後例えばボーナスなどの収入で返済できるようであれば、債務整理をするよりも急場をなんとか凌いで引き続き返済を続けるという方法もあります。

債務整理をすれば借金はチャラになりますが、今後カードを作れなくなる等の支障が出ることもあるので、返せるのであれば返したほうが良いでしょう。

一時的にお金を用立てする方法としては、クレジットカードの現金化クレジットカードの現金化))などの業者も存在します。法律的には違法ではないですが、中には詐欺に近いような還元率であったり、お金が振り込まれなかった利といったところもあるようですので、注意が必要です。

自分でクレジットカード現金化をするのならAmazonギフト券買取業者を使う方法もある

業者を使わずにクレジットカードのショッピング枠を少しだけ現金化したいというのであれば、実は簡単にできてしまう。

カードで買い物をしてそれをヤフオクなり、メルカリなりで売ってしまえばいいのである。もしくはブランド品などであれば、質屋やブランド品専門の買取業者などもあるので、そういったところを使うのも良いでしょう。

但し、デメリットもあります。それは買った値段と売る値段にかなりの開きがあることです。

特に買取業者の場合は、半額以下に成る可能性もあります。一番いいのは、ヤフオクやメルカリなどの個人間売買です。これらか直接個人に売れるので、購入価格にかなり近い値段で売ることもできます。その代わり、写真を撮ったり説明文を書いたりなどかなり手間暇がかかってしまいます。もちろん入金までのタイムラグもあります。

そこで便利なのが、Amazonギフト券の買取業者です。いわゆる金券の買取業者ですが、一般的にギフト券や旅行券などの近県と呼ばれるものはクレジットカードで買うことができないことがほとんどです(一部販売してくれるところもある)。

しかしAmazonギフト券に限って言えば、クレジットカードで買うことが可能なのです。厳密に言えば可能というよりは、カードでしか買えないものもあるぐらいですので、Amazonギフト券をクレジットカードで買うことはごく普通のことなのです。

で、それを専門のAmazonギフト券買取業者に買い取ってもらうという方法です。最近ではこういったAmazonギフト券買取業者も増えているので利用すると良いでしょう。

ただ、一部には表示している金額よりも安いところなど、悪質なところもありますので注意が必要です。
(*以下ページ参照のこと)

ネット上には口コミなどもたくさんあるのだが、実際はあまり当てにならないことが多い。一般の金券ショップなどもそうだが、こういった業者は他店との差別化が難しいため、業者間での競争も熾烈だ。レストランの口コミサイトの食べログでも一時期ステマで話題になったが、口コミや評判なども信憑性にかける部分も多いのが現実だ。
引用元:Amazonギフト券を高額買取(換金)で現金化する方法を詳しく解説(最新版)!

金運をアップさせて借金から脱出しよう!

金運を上げて借金完済とか、、、かなり非科学的な方法かもしれませんが、やはり金運と言うのは実際にあると思います。

お金はは淋しがりやとかよく言われますけど、本当にその通りだと思いますね。お金がたくさんあるときはいいですが、お金がなくなってくるとあっという間に減ってしまいます。

例えば現金が300万円あったとしましょう。

その300万円が100万円を切って、残り50万円ぐらいになったら一気になくなります。

これホントですね。

なので逆に言えば貧乏な人は貧乏なスパイラルからなかなか抜け出せないし、お金持ちの人は自然とお金が集まるようになってくるのです。

特に借金が多い人や財布の中が常に寂しい人はお金を粗末に扱う癖がついている人も多く見受けられます。

衣食住足りて礼節を知るとはよく言ったもので、お金がないと何事にも余裕がなくなり、お金だけでなく他のこともおろそかになってしまうのです。

そんなわけで例えばトイレ掃除をしたり、部屋をキレイにしたりすることによってお金がめぐってくるようになります。

そういう小さなことを心がけることによって自然と金運もアップするようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加